ナチュラルカラコンの2weekのメリット

ナチュラルカラコンも2weekがおすすめな理由

私の場合は、ナチュラルカラコンなら毎日着けることが多いです。そうなるとワンデーだと高くなるし、1ヶ月以上使えるのだと、汚れとか衛生的にも心配があります。だから2weekがおすすめということなんです。

カラコン2weekをナチュラルにデイリーに

若い世代の女性を中心にカラコンが流行しており、様々なメーカーから色々なデザイン、カラーの商品が販売されております。
処方箋なしで購入できるファッション性の高いものから、コンタクトレンズメーカーが販売している度入りのものまで、実に多種多様です。
カラコンは自身の黒目よりも大きく黒目部分を見せることで、目の印象を華やかにします。
グレーやアンバーなどを使用すると外人ぽくなり、髪の色を明るくしている女性に人気です。
日本人の髪色や肌色になじみやすいのはやはり、ブラックやナチュラルブラウン系で、こちらはOLなどにも幅広く受け入れられています。
パッと見カラコンを使っているとに気づかれにくいですし、とてもナチュラルにデカ目を演出できます。
黒目がちな目は今流行のメイクが映えますし、特にアイメイクをしなくても印象を大きく変えます。
カラコンはメイクの一部になりつつあります。
一度つけてみるとあまりの違いに、なかなか外せなくなるという女性も多いぐらいその効果はすごいです。
ですが、近年では使用方法や装着時間を正しく使用せず、眼のトラブルを引き起こしてしまう場合も多くありますので、眼下での定期的な健診も忘れずに、使用することをお勧めします。

 

カラコン2weekでナチュラル系に盛るのもおすすめです。
デカい14.5mmとかでハーフ系とかピンクとか普段使いにくい、特に学生はそうだろうけど、その場合は、週末専用1dayを買うものいいでしょう。
でも、学校につけていくとか、職場で着けるとなると、そこまで派手なのはやばいことも。
だから、私の中ではナチュラル系は2weekで、派手なカラコンは週末限定で1dayを。
そんなつけ方もおすすめです。

カラコン2weekを自然に学校に会社にデイリーに

普段からカラコンつけてる人もいれば、いつもはクリアで休みだけカラコンという人もいますよね。
でも、私の周りので多いのは、ナチュラルでばれないか、ほんのり黒目をデカくしてるか、いわゆる自然な感じのを普段からつけてるコかな。
いつもそのくらいのナチュラル系でいくなら、カラコン2weekは相性いいと思います。
そんな中でも、休日の友達との遊びはちょっと大きめにしようかと思ったら、その時は1dayにすればいいんです。

 

それと、ナチュラルカラコンといっても、サイズもデザインもいろいろありますよ。
サークルレンズ、フチあり、フチなし、グラデーションにドットデザインなど。
どれをつけるかによって、ナチュラルはナチュラルでもニュアンスを変えることができます。

 

学校だと特にそうだと思いますが、ちょっと大きめで盛れるのだと注意されたりもあるでしょうし、バイト先だったら、働いてる内容に、例えば接客とかだと、露骨なカラコンは店長からNGを出されるかもしれません。

 

カラコンというのは、TPOに応じて選ぶのもいいですし、ちょっと思い切ったオシャレをするのも楽しいですよね。

 

エルージュやジーヴルトーキョー2week、アレグリ2ウィークにモテコンアネコンメイクアップツーウィーク。

 

こういったシンプルでオシャレでナチュラルな2weekカラコンにしても、実は繊細さがあって、付けた印象は随分と違うものです。
裸眼のように感じられる、僅かに大きい使いやすい万能な2weekもあるよね。

 

前はモテコンアネコンも1年使用だったのに、1dayが出て、マンスリーが出て2weekだからね。

 

モテコンといえば楽天でもとんでもない人気が出てたブランドだから、そこが2ウィークを出すってことは、それだけ2ウィークが求められてきてるということかなと思います。

 

今は1年使用というのは、韓国カラコンくらいしか手に入らないはずです。シェリエやモテコンの1年使用というのは、一気になくなりましたからね。

カラコン2weekでナチュラル系を選ぶなら

カラコン2weekでナチュラルといえば、先ほど挙げた人気ブランドもありますが、あとはアイビューティーとかはどうでしょうか。
カラバリが2色しかないのはナチュラル系に多いですよね。
ブラウンとブラックだけなの。

 

値段も安いのでコスパは最強でしょう。

 

サークルレンズでナチュラルな2weekならベルタもいいよね。
マイクロドットデザインというんですが、このドットデザインというのは、見た目がナチュラルに見えるだけじゃなく、酸素を透過しやすいので目にも優しいんです。

 

清楚で可愛いから黒髪でも全然大丈夫。
シャインゴールドは華やかなんで、ナチュラルという感じではないですけどね。

ナチュラルさは大きさとデザインでカラコン2week

ナチュラル2weekの一例を挙げておきます。
ビュームカラコンは、レンズ画像でも装着画像でもそれを見るだけでいかにナチュラルかというのが分かる気がします。

 

ビュームカラコンはナチュラル系ですから、自然に見えるのは当然なんですが、それはなぜでしょうか。
一つは後ほど画像をまじえて解説しますが、デザイン面によるものでしょう。
もう一つはレンズの大きさでしょう。
10代や20代あたりの女性ですと、韓国カラコンなどの超デカ目レンズもつけたことがある人もいるでしょう。
DIAで15.0mmというのもありますから、ビュームより1.0mmも大きいんです。
たかが1mmと思うかもしれませんが、黒目なんてもともと12.8mmとかくらいしかありませんから、もちろん個人差はありますが、その僅かな差で可愛くも気持ち悪くも見えたりするわけです。
恐らく日本で売られてるカラコンの中でもビュームカラコンの14.0mmは最小クラスでしょう。
もう少し小さいのも見たことありますが、逆に黒目より小さいかもという不安がありますので私は考えたことがありません。
先に画像のことで注意事項があるのですが、ここで紹介している装着画像につきましては、一つの参考にとどめておいたほうが良いでしょう。
目の高さにより、同じようには見えないでしょうから。
カラコンを探すときは、私の場合はまず画像をチェックします。
レンズの画像と装着画像です。
どっちかだけではなく、両方見るのがポイントです。

 

というのも、レンズ画像だけでは、どのくらいの大きさになるか、フチがどういう感じなるかが分かりますし、逆に装着画像だけですと、着けた時の色合いを判断しにくいからです。

 

まずはピュアブラウンから。
たのカラーと比べてもかなり内側まで着色されています。
ただドットデザインなので、自分の黒目の色加減によって色の見え方は違うでしょうね。
フチもくっきりとはしてないので、純粋に黒目を大きくできる感じですね。

 

次はチャームブラウン。
濃い目のブラウンですね。
2トーンのブラウンなので、奥行き感がありますね。
まさに、ナチュラルに盛れるという印象です。

 

そしてクリアブラックです。
レンズ画像でも分かるとおり、着色部分の面積が広すぎないんです。
これってすごい大事なことですよ。着色面積が多いほうが疲れやすいでしょうから。
裸眼もフチのほうはぼやけた黒っぽさがありますから、このクリアブラックでくっきりとした印象で黒目を大きくできるんじゃないかな。

 

こうやって画像を比較すると分かりますが、基本はナチュラルです。
ただ、色やデザインが少しずつ違いますから、みんな迷うんでしょうね。
3色ですから、全部試して一番気に入ったのをリピする、みんな考えること同じですね。


RSS購読